INFORMATION - 古川真穂総合案内所



このページは、歌手「古川真穂」の活動をご案内する総合サイトでございます。最新の情報、過去の活動、明日への活力等にご利用くださいませ。

★News★

古川真穂 Facefookサイト
「古川真穂 Official」

<あの伝説の古川真穂の手記「黒猫日記」が復活!
「黒猫日記-ParⅡ-」

<古川真穂がAmy Winehouse「Rehab」をカバー!
https://youtu.be/HmSBZ7Zam7M

<ScatRawニューシングルリリース!>
2017年10月20日ニューシングル
「TATAHTA!」配信限定リリース!
「ScatRaw Facefookサイト」 https://www.facebook.com/ScatRaw

<4D-JAMが13年ぶりに再始動!>
待望の3rdアルバム「S.S.S.」オフィシャルHP、レコード店、アマゾンなどで
発売中&全世界ダウンロード配信中!
「4D-JAM 公式サイト」 http://4d-jam.com/

<The Blue Films>
女と男とブルースの三角関係。
「The Blue Films 公式サイト」 The Blue Films

<ソロプロジェクトMAHO>
コチラのサイトで♪Excellent♪先行公開スタート!
http://wartandall.com/excellent/

CD『Zipangu Fado/日本ファド大全』に参加しています
2013年10月2日に発売となりましたCD『Zipangu Fado/日本ファド大全』に古川真穂も一曲参加しております♪
詳しくはコチラ http://ameblo.jp/madambutterfly-maho/entry-11602022745.html

Profile

本名 古川真穂
Artist Name 古川真穂 / MAHO/ ふるかわ♡魔法/(旧 古川真帆)

1978年3月25日 大阪府豊中市生まれ。歌手。

女優、バーレスクパフォーマー、根幹ボイストレーナー、
作詞家、モデル、クリスタルボウル演奏者としても活躍する
唯一無二のエンターテイナー。

学生時代、留学先のNZで一人アカペラストリートライブをする日々を送り、
街中で話題になる。帰国後、アルバイトをしていた大阪のCLUB「グランカフェ」で
行われていたGIZAレコード主催のコンテストに飛び入りし優勝。
これがデビューのきっかけとなり、和製R & B ユニット4D-JAM(フォーディージャム)
のボーカリスト「ふるかわ魔法」として9 9 年メジャーデビュー。
デビューシングルより北は北海道、南は沖縄までチャートインを果たし、
様々な番組のタイアップ曲に選ばれる。日本中のライブハウスやクラブを駆け回り
京都FMアルファステーションにてDJを務めるなどの自らの活動の傍ら、
倉木麻衣のファーストツアー「爽健美茶Natural Breeze 2001 happy live」や
「winter bell」、ZARDの船上ライブや「痛いくらい君があふれている」等、
数多くのアーティストのツアーや作品にコーラスとして参加し、押尾コータローや
ジュスカグランペールなど、数々の素晴らしいアーティスト達とも共演を果たす。
B'Z 松本孝弘ソロアルバム「華」に収録された「恋歌」ではメインボーカルを務めた。

2002年、今までの全てを捨て、日本最大のゴスペルクワイヤーanointed mass choirに参加。
何のカタガキもない一人の人間としてただひたすら無欲に、心で唄うことに没頭する。
綾戸智絵、スターダストレビュー、岡本真夜などのステージに出演。

2003年、幼少時からのコンプレックスであった「女」という性を受け止め、
自分の原点に戻り「女と男と哀歌(ブルース)の三角関係」をコンセプトに
ギタリスト北森正樹と「The Blue Films」を結成。
様々な空間をジャックし、大人が五感で楽しめる一夜限りのナイトクラブに変貌させ、
自らがママとなり持て成すという独自のイベント「クラブ黒猫」も定期的に開催し
同タイトルのラジオ番組(KBS京都)も話題に。ニューハーフクイーンとの
コラボレーションDVD「噂の女〜the Theme of RINA〜」のリリースや
元憂歌団 木村充輝のオープニングアクトを務めるなど、その独特なスタイルに中毒患者は多く、
映画監督林海象「探偵事務所5」京都編「送り火 右・左(白黒編)」では
サウンドトラックを担当し2008年1月DVDがリリースされた。

2007年、ジャズシンガーとしても活躍の場を広げ、一流のJazz musician、ベリーダンスや
ライブペインティング、日本舞踊、三味線など様々なジャンルとジャズをコラボレーションさせた
「Liquid Jazz」をコンスタントに開催。その唄うだけではないストーリー仕立ての唯一無二のジャズが話題となる。

2008年からはポルトガルギターとマンドリンによるアコースティックデュオ
「マリオネット」らと共にファドにも挑戦し、「今までにない新しいスタイルの
ファディスタ」として彼女独特の表現が注目される。

同年、彼女が育んできた様々なジャンルの曲(Jazz,Blues,Fad,Latin,昭和歌謡,オリジナル
等)を独自の切り口で演奏するピアノ坂下文野、パーカッション松田憲和とのトリオ
「La Luz Del Puerto」を結成。

2011年からは「Maho」としてソロプロジェクトも始動。「自分軸」をテーマに
繰り広げるその独特のパフォーマンスは新たな世界へのメッセージとなっている。
野宮真貴(ex :PIZZICATO FIVE)&BIBA、ROLLY率いるThe 卍などと共演。

同年、更なる進化を遂げるべく、LAにてマイケルジャクソンやスティービーワンダーの
トレーナー、セスリグス氏にSpeech Level Singingのメソッドを学ぶ。

2012年 春 大阪ABCホールにて行われた舞台「クオバディス」劇中歌の作詞作曲、
アレンジも手がけ、自らもイメージアイコンとなる歌姫として出演。
秋には京都法然院にてプロデュース公演「Human Being」を開催。

2013年 ヒーリング界の女王スーザンオズボーンとの共演や、
日本のファドの歴史を俯瞰し網羅する記念碑的CD『ジパング・ファド~日本ファド大全』に参加。

2014年 13年ぶりに4D-JAMを再始動。
ニューアルバム「S.S.S.」リリースや4Dナイトも復活し、4D-JAM第二章がスタート。
アイドルユニット「つぼみ」や「にょロボてぃくす」(オカノアキラ作)などの楽曲へのコーラス参加や
京都法然院にてのプロデュース公演VoL2「同じ人間」開催。

2015年 幕間寸劇的ボサノバ・ユニット「ScatRaw」をDJ加美幸伸と結成。
5月にはデビューシングル『どさくさまぎれの恋』をリリース。
山根康広や王様etc,,,数々のアーティストと共演。

2016年 歌手という原点に戻るべく「古川真穂 七番勝負」をスタートし
その番外編として日本を飛び出し世界の各地で「祈りのパフォーマンス」を行う。
カナダ、スペイン、ニューヨーク、ヘルシンキなどでの路上パフォーマンスやオープンマイクにも挑戦のほか、
バーレスクショーにも携わることで歌手としての表現を追求。
8月11日に制定された山の日には、人間と自然との共存を表現するプロジェクト「古川真穂と光合成」を始動。

2017年 元日、能勢妙見山にて「古川真穂と光合成」初日の出 奉納演奏•ライブで幕を開ける。
8月にはカナダ•モントリールにて行われた「Burlesgeek」に日本代表のスペシャルゲストとして出演。

常に留まることなく変化することを自然体とし、
刺激的に、けれどもあくまでナチュラルに前進しつづけては
その瞬間瞬間を生きつづけている。

年間300本以上ものステージをこなしてきた、
どんな曲も自分の色、心で奏でる表現者、古川真穂。
ジャンルを超え、全ての音楽を唯一無二の世界観で提供するその歌声は、
一度聞くと虜になる「魅惑のカメレオンボイス」と賞賛されている。

子供が無邪気に遊ぶような、はたまた大人が禁断の非現実的世界で戯れるような、
すさまじい集中力の両極をもつ「性」と「生」とともに彼女は語るように歌い、表現しつづける。

その増え続けるチャンネルの多さに人は魅了され続けるが
本人はいたってシンプルで、アウトプットはいくつあろうが
彼女の核はただひとつ。

それは

愛。

ボイトレ

本当の根底から整える独自のボイストレーニングをはじめ
通常の歌唱指導ボイストレーニングも行っています。

詳しくはコチラ & コチラ

その経歴と歌唱力、「自分軸」をテーマに進めるその独自のスタイルを評価され、
ボイスメンタルトレーナーとして大学や高等課程などでの指導も幅広く行い、
京都造形芸術大学映画学科や大手前大学などでも講師を勤めている。

女優

アクターズクリニックにてハリウッドのメソッド理論に基づく演技方法を学び
女優として舞台やミュージカル、映像作品に出演。

映画「わが母の記」「源氏物語」「隣の芝は青い」「青し時雨」「いつの間にか少女は」他
CM 「日本和装」、EPSONカラリオ「3D年賀状」(WEBムービー)他
舞台 2011年「アパートメントグリム」「FLORA 花の暗号」/2012年「QUO VADIS」「ロミオとジュリエット」他

作家

作家である父古川嘉一郎(たかじんnoばぁ、林家小染-なにわの急ぎ星-など)も認めるほど
彼女の類い稀な文才にもファンが多く、キッサコ「さいくりんぐぶるーす」等の歌詞提供の他
赤裸裸に綴る以前のブログ「黒猫日記」も話題となり、歌手ではなく作家としての一面から
彼女のファンになる女性が後を絶たない。「父から受け継げるものは受け継ぎたい」と
その才能を発揮したノンフィクション短編作品「あやとり」では心斎橋大学最優秀賞を受賞。
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/shuryo/shuryo.html#2008-2

モデル

京都 呉服屋 善 HPモデル他
http://www.kyoto-zen.com/

ブログ

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/madambutterfly-maho/

黒猫日記 -PartⅡ-
https://ameblo.jp/kuronekopart2/

★ライブ★

「Burlesque Salon 'Chat Noir'〜黒猫バーレスクサロン京都〜」

★とき★11月23日(祝)OPEN 20:00/START20:30/CLOSE24:00
(22:15プログラム終了予定)

★ところ★Galleria Luce(ギャラリールーチェ)
京都市左京区一乗寺払殿町12-3 エビスビル地下1階
恵文社の4件東隣の地下(ドラッグストア向かいの地下)

アクセス: 京阪「出町柳駅」から叡山電鉄に乗り 「一乗寺駅」下車。西へ徒歩2分。
京都市バス亭「高野」から徒歩6分。

地図:
https://goo.gl/maps/cfbZoSSTSYS2

★料金★前売3000円(1ドリンク込) 当日3500円(1ドリンク込)

ご予約はコチラ

※お席に限りがある為、満席の場合は入場をお断りする可能性がございます。
なるべくご予約の上ご来場ください。

★出演★
ScatRaw
古川真穂
MECAV
Eliana
mami

19489459_1348246921931994_314276996_n.jpg19489724_1348246925265327_774704503_n.jpg

___________________________________________________________________

「ScatRaw 〜他人(ひと)のふんどし大好きツアー@いばらき光の回廊 編」

★とき★12月2日(土)20時頃の出演予定。

★ところ★いばらき光の回廊
中央公園北グラウンド、クリエイトセンター
http://www.hikarinokairou.com/

※観覧無料

___________________________________________________________________


ScatRaw 〜他人(ひと)のふんどし大好きツアー@なんばHatch 編」
★☆★☆FM COCOLO 山根康広 "Y2 MEETS ROCK"祭り2☆★☆★

★とき★12月8日(金)
18:30 OPEN /19:30 START

★ところ★なんはHatch
イベント詳細はこちら!http://www.y2-66.com/

___________________________________________________________________


ScatRaw 〜他人(ひと)のふんどし大好きツアー@ ザ•ロック食堂 編」
★☆★☆★☆★☆王様 ひとり in 大阪・阿倍野★☆★☆★☆★☆

★とき★12月9日(土)

★ところ★ザ・ロック食堂

★ご予約・お問合★06-4399-5353

イベント詳細はこちら!http://www.osama.co.jp/

___________________________________________________________________


古川真穂と光合成 奉納演奏•初日の出ライブ @ 能勢妙見山

★とき★2018年1月1日(月)
初日の出とともにスタート

★ところ★能勢妙見山 星嶺(せいれい)

★能勢妙見山へのアクセス★
川西能勢口駅(阪急電鉄宝塚線)より能勢電鉄「妙見口」下車、
バスまたは徒歩にて「妙見ケーブルのりば」より
ケーブル&リフトで山上へ。

★お問い合わせ★
能勢妙見山観光協会:072-739-0991

※観覧無料
__________________________________________________________________


La Luz Del Puerto @ 北新地クレセント

★とき★2018年2月3日(土)1stステージ 19:30開演
(2nd 21:00~/ 3rd 22:00~)入替なしの3ステージ

★ところ★北新地クレッセント
大阪市北区曽根崎新地1-3-11 レジョンノールビル2F

★料金★いずれもドリンク料金別途
テーブル席:¥3,000(テーブルチャージ込・おつまみ付)
カウンター席:¥2,000

★お問い合わせ・ご予約★
北新地クレッセント:06-6342-5177

otoiawase_bottan.pngotoiawase_bottan.png

facebook_botan1.pngfacebook_botan1.png