INFORMATION - 古川真穂総合案内所

6.21更新

古川真穂総合案内所

このページは、歌手「古川真穂」の活動をご案内する総合サイトでございます。
最新の情報、過去の活動、明日への活力等にご利用くださいませ。

★News★

< 古川真穂 LINE公式 オフィシャルファンクラブ スタート >

最新情報をどこよりも早くお届け!
ファンクラブ限定ライブやバースデー特典などなど♪
古川真穂からのラブレターを受け取りたいアナタは
コチラからlin.ee/Ocno4P5

__________________________________________________________

< 新作 「MENU」リリース! >

"MAHOROVER 2022"ツアーで
先行発売しておりました

NEW ミニアルバム
「MENU」

44才令和4年4月4日の
44444にお届けスタートです♪

①CDは家で聴けないんだよなー
でも聴きたいんだよなぁー
というアナタは☟コチラから
https://mahofurukawa.bandcamp.com/album/menu

②是非ともCDで欲しい!
というアナタは☟コチラから
https://godeonstore.official.ec/

※新作「MENU」は
お料理のように1枚1枚
大切に手作りでお届けしております^ ^
のんびり楽しみにお待ち頂けたら幸いです♫

__________________________________________________________

<古川真穂Official Store
CDやDVD、グッズはコチラから

__________________________________________________________

<Maho Furukawa 「CRAZY ST☆R」デジタル配信スタート!>

2020年12月22日
音楽販売・配信サービスBandcampから
全5曲のコラボソング入りアルバム
『CRAZY ST☆R』がデジタル配信リリース!!

https://mahofurukawa.bandcamp.com/album/crazy-star
(サイト内でのストリーミング試聴も可能です♪よければBuyポチットお願いします^^)

アルバム『CRAZY ST☆R』は
Kan Sano、Michael Kanekoら
origami PRODUCTIONS所属のアーティストによって
無償提供されたインストトラックのデータを使用して
古川真穂が制作した作品集。

『1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、
 楽器1つでどんな音でも奏でることができる
 ミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル』
で立ち上げられた「origami Home Sessions」の
プロジェクトで「音を」「楽しみ」制作した全5曲です。

古川真穂は「声」という楽器1つで奏でました♪

● "origami Home Sessions"とは
http://ori-gami.com/home-sessions/

●origami PRODUCTIONS website
http://ori-gami.com

__________________________________________________________

<『Hello ST☆R Seed』Music Video"Under COVID-19 version"解禁!>

https://youtu.be/1N3AvqqwcXM

150102924_3694522543971075_4729788822110091835_o-1.jpg

__________________________________________________________


<古川真穂、メジャーデビュー19年目の処女作
あの名盤 The Blue Films「曲線」が2018年3月25日
”今のカタチ”「曲線is…」に生まれ変わってリリースされました。
「古川真穂」としてはなんとメジャーデビュー19年目にして初の処女作となります。
※オフィシャルストアでのご購入はコチラ
※配信でのご購入はコチラ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<ScatRaw「どさくさまぎれの恋」>
https://www.youtube.com/watch?v=oWN43mGPAmg


<4D-JAM>
待望の3rdアルバム「S.S.S.」オフィシャルHP、レコード店、アマゾンなどで
発売中&全世界ダウンロード配信中!
「4D-JAM 公式サイト」 http://4d-jam.com/


CD『Zipangu Fado/日本ファド大全』に参加しています
『Zipangu Fado/日本ファド大全』に古川真穂も一曲参加しております♪
詳しくはコチラ http://ameblo.jp/madambutterfly-maho/entry-11602022745.html

Profile

本名 古川真穂
Artist Name 古川真穂 / マホーニャ/ ふるかわ♡魔法/(旧 古川真帆)

1978年3月25日 大阪府豊中市生まれ。歌手。

その他、ごくたまに女優、作詞家、モデルなど。
元、歌うバーレスカー。
自由に活動する表現者。
唯一無二のエンターテイナー。

学生時代、留学先のニュージーランドで
一人アカペラストリートライブをする日々を送り、
街中で話題になる。帰国後、アルバイトをしていた大阪のCLUB「グランカフェ」で
行われていたGIZAレコード主催のコンテストに飛び入りし優勝。
これがデビューのきっかけとなり、和製R & B ユニット4D-JAM(フォーディージャム)
のボーカリスト「ふるかわ♡魔法」として9 9 年メジャーデビュー。
デビューシングルより北は北海道、南は沖縄までチャートインを果たし、
様々な番組のタイアップ曲に選ばれる。日本中のライブハウスやクラブを駆け回り
京都FMアルファステーションにてDJを務めるなどの自らの活動の傍ら、
倉木麻衣のファーストツアー「爽健美茶Natural Breeze 2001 happy live」や
「winter bell」、ZARDの船上ライブや「痛いくらい君があふれている」等、
数多くのアーティストのツアーや作品にコーラスとして参加し、押尾コータローや
ジュスカグランペールなど、数々の素晴らしいアーティスト達とも共演を果たす。
B'Z 松本孝弘ソロアルバム「華」に収録された「恋歌」ではメインボーカルを務め、
知らない間に全米デビューもしていたことを後々知る。

2002年、今までの全てを捨て、
日本最大のゴスペルクワイヤーanointed mass choirに参加。
何のカタガキもない一人の人間としてただひたすら無欲に、心で唄うことに没頭する。
綾戸智絵、スターダストレビュー、岡本真夜などのステージに出演。

2003年、幼少時からのコンプレックスであった「女」という性を受け止め、
自分の原点に戻り「女と男と哀歌(ブルース)の三角関係」をコンセプトに
ギタリスト北森正樹と「The Blue Films」を結成。
様々な空間をジャックし、大人が五感で楽しめる一夜限りのナイトクラブに変貌させ、
自らがママとなり持て成すという独自のイベント「クラブ黒猫」も定期的に開催し
同タイトルのラジオ番組(KBS京都)も話題に。ニューハーフクイーンとの
コラボレーションDVD「噂の女〜the Theme of RINA〜」のリリースや
元憂歌団 木村充輝のオープニングアクトを務めるなど、
その独特なスタイルに中毒患者は多く、
映画監督林海象「探偵事務所5」京都編「送り火 右・左(白黒編)」では
サウンドトラックを担当し2008年1月DVDがリリースされた。

2007年、ジャズシンガーとしても活躍の場を広げ、一流のJazz musician、
ベリーダンスやライブペインティング、日本舞踊、三味線など様々なジャンルと
ジャズをコラボレーションさせた「Liquid Jazz」をコンスタントに開催。
その唄うだけではないストーリー仕立ての唯一無二のジャズが話題となる。

2008年からはポルトガルギターとマンドリンによるアコースティックデュオ
「マリオネット」らと共にファドにも挑戦し、「今までにない新しいスタイルの
ファディスタ」として彼女独特の表現が注目される。

2011年からは「Maho」としてソロプロジェクトも始動。「自分軸」をテーマに
繰り広げるその独特のパフォーマンスは新たな世界へのメッセージとなっている。
野宮真貴(ex :PIZZICATO FIVE)&BIBA、ROLLY率いるThe 卍などと共演。

2012年 春 大阪ABCホールにて行われた舞台「クオバディス」劇中歌の作詞作曲、
アレンジも手がけ、自らもイメージアイコンとなる歌姫として出演。
秋には京都法然院にてプロデュース公演「Human Being」を開催。

2013年 スーザンオズボーンとの共演や、
日本のファドの歴史を俯瞰し網羅する記念碑的CD『ジパング・ファド~日本ファド大全』に参加。

2014年 13年ぶりに4D-JAMを再始動。
ニューアルバム「S.S.S.」リリースや4Dナイトも復活し、4D-JAM第二章がスタート。
アイドルユニット「つぼみ」や「にょロボてぃくす」(オカノアキラ作)などの楽曲へのコーラス参加や
京都法然院にてのプロデュース公演VoL2「同じ人間」開催。

2015年 幕間寸劇的ボサノバ・ユニット「ScatRaw」をDJ加美幸伸と結成。
5月にはデビューシングル『どさくさまぎれの恋』をリリース。
山根康広や王様etc,,,数々のアーティストと共演。

2016年 歌手という原点に戻るべく「古川真穂 七番勝負」をスタートし
その番外編として日本を飛び出し世界の各地で「祈りのパフォーマンス」を行う。
カナダ、スペイン、ニューヨーク、ヘルシンキなどでの路上パフォーマンスや
オープンマイクにも挑戦のほか、バーレスクショーにも携わることで
歌手としての表現を追求。唯一無二の「歌うバーレスカー」として話題に。
8月11日に制定された山の日には、人間と自然との共存を表現するプロジェクト
「古川真穂と光合成」を始動。

2017年 元日、能勢妙見山にて
「古川真穂と光合成」初日の出 奉納演奏•ライブで幕を開ける。
8月にはカナダ•モントリールにて行われた「Burlesgeek」に
日本代表のスペシャルゲストとして出演。
その多彩な才能を発揮し、この年からは越前屋俵太「俵越山歌謡ショー」の
専属司会者もつとめている。

2018年  よさこいチームへの楽曲書き下ろしプロデュース提供の他、
13年前の自身の名盤 The Blue Films「曲線」を”今のカタチ”として
無観客完全一発録りライブレコーディングし
"古川真穂"名義ではメジャーデビュー19年目にして初の処女作となる
「曲線is…」をリリース。

2019年  デビュー20周年を迎え、原点に立ち還り、
今までのオリジナル曲をたったひとりで演奏し歌う
生まれてはじめてのギター弾き語りライブ「The 20th Gates」を開催。
これを機に中崎町の純喫茶『ニューMASA』などで急に現れては歌い消えてゆく
「ながしの古川さん」もスタート。
その他、愛する能勢にある”北極星の森”を舞台にした一人だけ芝居「かたりな」の開催や
MUSIC UNLIMITED ORCHESTRAへのゲストボーカル出演、
天川村洞川温泉郷での”えんがわ音楽祭”で実現した南佳孝氏とのデュエットも話題に。

2020年 コロナ禍において、改めて自身のルーツと向き合い、
そのルーツを大切にしたいという想いから
生まれ育った町でひっそりと制作活動を進める。
音楽を愛するorigami PRODUCTIONSのアーティスト達によって
無償提供されたインストトラックデータを使用し、
彼女という”声”と、パソコンと、イヤホンマイクという
身近にあるものだけで制作をした全5曲のミニアルバム
『CRAZY ST☆R』は全世界デジタル配信リリースされた。


常に留まることなく変化することを自然体とし、
刺激的に、けれどもあくまでナチュラルに前進しつづけては
その瞬間瞬間を生きつづけている。

光と闇、聖と性、生と死…さまざまな両極を表現し
自らが感動するコトこそが感動を届けられる橋渡しだという信念のもと
全身全霊のパフォーマンスでオーディエンスの命を応援し続ける。

年間300本以上のステージをこなしてきた、
どんな曲も自分の色、心で奏でる表現者、古川真穂。
ジャンルを超え、全ての音楽を唯一無二の世界観で提供するその歌声は、
一度聞くと虜になる「魅惑のカメレオンボイス」と賞賛されている。

子供が無邪気に遊ぶような、はたまた大人が禁断の非現実的世界で戯れるような、
すさまじい集中力の両極「性」と「生」という命の祈りとともに
彼女は語るように歌い、表現しつづける。

彼女の核はただひとつ。

それは

愛。

ジャンル??
そんなの関係ないワ♪

強いて言うならば

ジャンルは

『祭り』。

女優

アクターズクリニックにてハリウッドのメソッド理論に基づく演技方法を学び
女優として舞台やミュージカル、映像作品に出演。

映画「わが母の記」「源氏物語」「隣の芝は青い」「青し時雨」「いつの間にか少女は」他
CM 「日本和装」、EPSONカラリオ「3D年賀状」(WEBムービー)他
舞台 2011年「アパートメントグリム」「FLORA 花の暗号」/2012年「QUO VADIS」「ロミオとジュリエット」他

作家

作家である父古川嘉一郎(たかじんnoばぁ、林家小染-なにわの急ぎ星-など)も
認めるほど、彼女の類い稀な文才にもファンが多く、
キッサコ「さいくりんぐぶるーす」等の歌詞提供の他
赤裸裸に綴る以前のブログ「黒猫日記」も話題となり、
歌手ではなく作家としての一面から彼女のファンになる女性が後を絶たない。
「父から受け継げるものは受け継ぎたい」と
その才能を発揮したノンフィクション短編作品「あやとり」では
心斎橋大学最優秀賞を受賞。
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/shuryo/shuryo.html#2008-2

モデル

京都 呉服屋 善 HPモデル他
http://www.kyoto-zen.com/

ブログ

黒猫日記 -PartⅡ-
https://ameblo.jp/kuronekopart2/

<ライブ★メディア>

★蛇香2022 @ 京都★
★とき★7月1日(金)
詳細Coming soon!


蛇香2022 @ Bar Theatre LUDO ★
PrimitiveCall vol.1 〜Double Feature Live&Show〜

287713804_5182746715148643_7570228469641957628_n.jpg

★とき★7月2日(土)
19:00 open 20:00 start

★いかほど★
¥3500+1drink別途

★予約・お問合せ★
info@ludo.jp

https://ludo.jp/primitivecall1/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

蛇香2022】
千馬木 Drums Voice
Yuma Dance Voice
牧瀬敏 Durbuca
古川真穂 Vocal Guitar

<History>
2009年Yumaと千馬木、ryotaro(SynthAccordion)で結成。
京都アーバンギルドを拠点に
即興演奏と踊りの複合パフォーマンスを始める。
2010年パリでのライブを皮切りに国外内のミュージシャン、ダンサー、
映像家とのコラボレーションが活発になる。
(Hugues Vincent、ユンツボタジ、Lee Tabasco、今貂子、仙石アキト)
集合、融合、散開を繰り返し
2019年ryotaro脱退。
2020年 以前から交流のあった
ダルブッカ奏者牧瀬敏と再び活動再開後に
シンガーの古川真穂が参加
「歌とリズムと舞」の原型が出来上がる。
コロナ禍にもめげずに活動する。
2022年 マントラ、トルコ音楽、ロックブルーズ、
サイケ、民謡なども取り入れ世界に発信する(予定) Love&Peace

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

【Bamboo Tambourine】
4人編成(アコーディオン、ギター、ベース、ドラム)のレゲエとジプシーミュージックを斬新なアレンジでミックスしたワールドミュージックスタイルなバンド。
日本人シンガー&ギタリストOsamuとフランス人アコーディオニストAliceが出会い、イタリア、フランスを放浪演奏しながらOsamu のJazzyなオリジナルレゲエとAlice のジプシー&Skaスウィング、バルカンビートを融合したBamboo Tambourine の軸となるスタイルを生み出す。2017年にタイ北部のバックパッカーの聖地Paiにてタイ人ベーシストLueが加わり、現在の母体となる3人編成のBamboo Tambourine を結成。デモアルバム(5曲)を収録、タイ、カンボジア、ベトナムなどのバーやリゾート、様々なミュージックフェスで演奏活動を展開する。
2018年、フランスにてオーリヤックフェスティバルや、ループダブレゲエの魔術士Mike Love(US)のオープニングアクトに出演しヨーロッパオーディエンスから称賛を得た。
現在はベトナムに在住し、ベーシストにDan(US),ドラマーSeb(UK)が加わり新編成のBamboo Tambourine で活動を開始、本年7月にベトナム全国ツアー、ファーストアルバムの収録を予定している。
今回の日本ツアーにはOsamu の旧友陣、サポートドラマー/パーカッションにRobert (moo-tala's ) が参加予定。ギター、アコーディオン、パーカッションの3人編成で
Bamboo Tambourine 日本初上陸、ハイバイブスでフェスティブなライブを演出すること間違いなしであろう。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

【Eliana】
アロマセラピスト、サルサダンサー、ポールダンサー、時々エロリスト♡
2020年以降の世界的現象「お家時間」を利用してオリジナルのスパイスドリンクを生み出し[魔女汁]と名付けて売り歩き、パフォーマー達とカウンター越しにクリエイティブな時間を生み出す[魔女café]も不定期開催中。
-主な主催イベント-
2014年~[ポールをどり]
2016年~2020[黒猫バーレスクサロン京都]
2021年にはCabaretE9 と題して、劇場でキャバレーを行う日本では珍しい興行での企画演出を担当し、メインダンサーとしても出演。
また、WilsonProjectSalsaDanceParty、
PoleDancePartyなど自主企画も継続しながら異種ダンサーへの振り付け、ダンスユニットなどのプロデュースも手がける。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★Bar スナック魔法 @ 魔女Cafe★

286728700_5165287176894597_2554822390978927372_n.jpg

★とき★7月14日(木)
17時頃〜21時(ラストオーダー20:30)
※魔女caféの開催は7月13日(水)・14日(木)の2日間

★ところ★京都新大宮広場センターハウス
京都市北区紫竹西桃ノ本町60番地4

✦ご予約はこちら☟
Instagram:@majo_jiru(アカウント名:魔女汁)

Web:atelier PRIMAVERA websiteページ
https://www.atelierprimavera.net/お問い合わせ
____________________________________________

8種のスパイスを煮込んだ魔法のSpice Juice
「魔女汁」のプロデューサーで、
アロマセラピスト・パフォーマーの
エリアナ女史による期間限定開催の魔女caféの特別編
『Barスナック 魔法』開催決定!

魔女caféは、今年3月、
古川真穂 最新作『MENU』を引っ提げた
ツアー会場の一つであり、また、
作品に収録された『魔女ジル』は、
古川真穂自身も愛する「魔女汁」を
コンセプトに書き上げたもの。

7月13日(水)と14日(木) に開催される
魔女caféの2日目・14日(木)の夜、
caféのオーナー・エリアナ女史との
コラボレーション特別企画
『Barスナック 魔法 』が開店!

古川真穂が、Barのマダムとして
みなさまと、夏の夜のひとときをご一緒します。
弾き語りライヴもあるかも!?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ベガーズバンケット謝恩祭 2022 夏!★
〜MAD SUMMIT vol.3〜

285493881_2307272472785658_5345836479027247258_n.jpg

夏の風物詩?!やっぱり今年のお盆も
MADさんとゆかいな仲間達がベガーズに帰ってきます!

★とき★8月13日(土)
Open19:00 / Start19:30

★ところ★
BEGGAR'S BANQUET
大阪市中央区南久宝寺町4丁目7−2 野崎ビル 2F
06-6252-0911

★いかほど★
前売り ¥4,500 当日¥5,000 ※別途1ドリンク 

【出演者】
・MAD大内 (Dr.)
・鎌田学 (Ba.)
・佐藤豊彦(Gt.)
・TERRY(Gt.)
・わく本マリの助 (Key. Gt)
・白井”Naru”成剛(Key.)
・吉田 LEO 隆 (vo.)
・カッチン (Vo.)
・森川"もりけん"健司 (Vo.) 
・加美幸伸 (vo.)
・古川真穂 (vo.)
・島中直行

【前売り予約】(人数限定あり)
TIGET予約 6/11(土) 10:00~
https://tiget.net/events/185127

BEGGAR'S BANQUET メール予約 7/2(土)~ 
beggars@ares.eonet.ne.jp 
・お一人様2枚まで申込み可。
・お支払いは当日受付にてお願いします。

・①TIGET整理番号順→②BEGGAR'S BANQUET メール予約順 の入場順となります。 
・開場、開演時間は変更になる可能性がございます。

otoiawase_bottan.pngotoiawase_bottan.png

facebook_botan1.pngfacebook_botan1.png