INFORMATION - 古川真穂総合案内所

2019.7.13更新

古川真穂総合案内所

このページは、歌手「古川真穂」の活動をご案内する総合サイトでございます。最新の情報、過去の活動、明日への活力等にご利用くださいませ。

★News★

<★古川真穂デビュー20周年 ★>
1999年4月21日のメジャーデビューから今年で20年。
20周年を迎え、益々パワーアップしたステージが目白押し!


<古川真穂、メジャーデビュー19年目の処女作がリリースされました
13年前のあの名盤 The Blue Films「曲線」が2018年3月25日
”今のカタチ”「曲線is…」に生まれ変わってリリースされました。
「古川真穂」としてはなんとメジャーデビュー19年目にして初の処女作となります。
※オフィシャルストアでのご購入はコチラ
※配信でのご購入はコチラ



<4ヶ月連続配信リリース情報
<第一弾>ファン待望の「朝日のあたる家」
試聴用Sample
<第二弾>「ややこしい気持ち」
<第三弾>「して」
<第四弾>「天神川ワルツ」

「iTunes」と「レコチョク」各ストアで絶賛販売中!
iTunes
レコチョク


<古川真穂Official Store
CDやDVDはコチラから


古川真穂 Facefookサイト
「古川真穂 Official」


伝説の手記「黒猫日記」が復活!
「黒猫日記-ParⅡ-」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<ScatRaw「どさくさまぎれの恋」>
https://www.youtube.com/watch?v=oWN43mGPAmg

<4D-JAM>
待望の3rdアルバム「S.S.S.」オフィシャルHP、レコード店、アマゾンなどで
発売中&全世界ダウンロード配信中!
「4D-JAM 公式サイト」 http://4d-jam.com/

<The Blue Films>
女と男とブルースの三角関係。
「The Blue Films 公式サイト」 The Blue Films

CD『Zipangu Fado/日本ファド大全』に参加しています
『Zipangu Fado/日本ファド大全』に古川真穂も一曲参加しております♪
詳しくはコチラ http://ameblo.jp/madambutterfly-maho/entry-11602022745.html

Profile

本名 古川真穂
Artist Name 古川真穂 / マホーニャ/ ふるかわ♡魔法/(旧 古川真帆)

1978年3月25日 大阪府豊中市生まれ。歌手。

女優、歌うバーレスカー作詞家、モデルなど自由に活動する
唯一無二のエンターテイナー。

学生時代、留学先のNZで一人アカペラストリートライブをする日々を送り、
街中で話題になる。帰国後、アルバイトをしていた大阪のCLUB「グランカフェ」で
行われていたGIZAレコード主催のコンテストに飛び入りし優勝。
これがデビューのきっかけとなり、和製R & B ユニット4D-JAM(フォーディージャム)
のボーカリスト「ふるかわ魔法」として9 9 年メジャーデビュー。
デビューシングルより北は北海道、南は沖縄までチャートインを果たし、
様々な番組のタイアップ曲に選ばれる。日本中のライブハウスやクラブを駆け回り
京都FMアルファステーションにてDJを務めるなどの自らの活動の傍ら、
倉木麻衣のファーストツアー「爽健美茶Natural Breeze 2001 happy live」や
「winter bell」、ZARDの船上ライブや「痛いくらい君があふれている」等、
数多くのアーティストのツアーや作品にコーラスとして参加し、押尾コータローや
ジュスカグランペールなど、数々の素晴らしいアーティスト達とも共演を果たす。
B'Z 松本孝弘ソロアルバム「華」に収録された「恋歌」ではメインボーカルを務めた。

2002年、今までの全てを捨て、日本最大のゴスペルクワイヤーanointed mass choirに参加。
何のカタガキもない一人の人間としてただひたすら無欲に、心で唄うことに没頭する。
綾戸智絵、スターダストレビュー、岡本真夜などのステージに出演。

2003年、幼少時からのコンプレックスであった「女」という性を受け止め、
自分の原点に戻り「女と男と哀歌(ブルース)の三角関係」をコンセプトに
ギタリスト北森正樹と「The Blue Films」を結成。
様々な空間をジャックし、大人が五感で楽しめる一夜限りのナイトクラブに変貌させ、
自らがママとなり持て成すという独自のイベント「クラブ黒猫」も定期的に開催し
同タイトルのラジオ番組(KBS京都)も話題に。ニューハーフクイーンとの
コラボレーションDVD「噂の女〜the Theme of RINA〜」のリリースや
元憂歌団 木村充輝のオープニングアクトを務めるなど、その独特なスタイルに中毒患者は多く、
映画監督林海象「探偵事務所5」京都編「送り火 右・左(白黒編)」では
サウンドトラックを担当し2008年1月DVDがリリースされた。

2007年、ジャズシンガーとしても活躍の場を広げ、一流のJazz musician、ベリーダンスや
ライブペインティング、日本舞踊、三味線など様々なジャンルとジャズをコラボレーションさせた
「Liquid Jazz」をコンスタントに開催。その唄うだけではないストーリー仕立ての唯一無二のジャズが話題となる。

2008年からはポルトガルギターとマンドリンによるアコースティックデュオ
「マリオネット」らと共にファドにも挑戦し、「今までにない新しいスタイルの
ファディスタ」として彼女独特の表現が注目される。

2011年からは「Maho」としてソロプロジェクトも始動。「自分軸」をテーマに
繰り広げるその独特のパフォーマンスは新たな世界へのメッセージとなっている。
野宮真貴(ex :PIZZICATO FIVE)&BIBA、ROLLY率いるThe 卍などと共演。

2012年 春 大阪ABCホールにて行われた舞台「クオバディス」劇中歌の作詞作曲、
アレンジも手がけ、自らもイメージアイコンとなる歌姫として出演。
秋には京都法然院にてプロデュース公演「Human Being」を開催。

2013年 スーザンオズボーンとの共演や、
日本のファドの歴史を俯瞰し網羅する記念碑的CD『ジパング・ファド~日本ファド大全』に参加。

2014年 13年ぶりに4D-JAMを再始動。
ニューアルバム「S.S.S.」リリースや4Dナイトも復活し、4D-JAM第二章がスタート。
アイドルユニット「つぼみ」や「にょロボてぃくす」(オカノアキラ作)などの楽曲へのコーラス参加や
京都法然院にてのプロデュース公演VoL2「同じ人間」開催。

2015年 幕間寸劇的ボサノバ・ユニット「ScatRaw」をDJ加美幸伸と結成。
5月にはデビューシングル『どさくさまぎれの恋』をリリース。
山根康広や王様etc,,,数々のアーティストと共演。

2016年 歌手という原点に戻るべく「古川真穂 七番勝負」をスタートし
その番外編として日本を飛び出し世界の各地で「祈りのパフォーマンス」を行う。
カナダ、スペイン、ニューヨーク、ヘルシンキなどでの路上パフォーマンスやオープンマイクにも挑戦のほか、
バーレスクショーにも携わることで歌手としての表現を追求。唯一無二の「歌うバーレスカー」として話題に。
8月11日に制定された山の日には、人間と自然との共存を表現するプロジェクト「古川真穂と光合成」を始動。

2017年 元日、能勢妙見山にて「古川真穂と光合成」初日の出 奉納演奏•ライブで幕を開ける。
8月にはカナダ•モントリールにて行われた「Burlesgeek」に日本代表のスペシャルゲストとして出演。
その多彩な才能を発揮し、この年からは越前屋俵太「俵越山歌謡ショー」の専属司会者もつとめている。


常に留まることなく変化することを自然体とし、
刺激的に、けれどもあくまでナチュラルに前進しつづけては
その瞬間瞬間を生きつづけている。

光と闇、聖と性、生と死…さまざまな両極を表現し
自らが感動するコトこそが感動を届けられる橋渡しだという信念のもと
全身全霊のパフォーマンスでオーディエンスの命を応援し続ける。

年間300本以上のステージをこなしてきた、
どんな曲も自分の色、心で奏でる表現者、古川真穂。
ジャンルを超え、全ての音楽を唯一無二の世界観で提供するその歌声は、
一度聞くと虜になる「魅惑のカメレオンボイス」と賞賛されている。

子供が無邪気に遊ぶような、はたまた大人が禁断の非現実的世界で戯れるような、
すさまじい集中力の両極「性」と「生」という命の祈りとともに
彼女は語るように歌い、表現しつづける。

彼女の核はただひとつ。

それは

愛。

女優

アクターズクリニックにてハリウッドのメソッド理論に基づく演技方法を学び
女優として舞台やミュージカル、映像作品に出演。

映画「わが母の記」「源氏物語」「隣の芝は青い」「青し時雨」「いつの間にか少女は」他
CM 「日本和装」、EPSONカラリオ「3D年賀状」(WEBムービー)他
舞台 2011年「アパートメントグリム」「FLORA 花の暗号」/2012年「QUO VADIS」「ロミオとジュリエット」他

作家

作家である父古川嘉一郎(たかじんnoばぁ、林家小染-なにわの急ぎ星-など)も認めるほど
彼女の類い稀な文才にもファンが多く、キッサコ「さいくりんぐぶるーす」等の歌詞提供の他
赤裸裸に綴る以前のブログ「黒猫日記」も話題となり、歌手ではなく作家としての一面から
彼女のファンになる女性が後を絶たない。「父から受け継げるものは受け継ぎたい」と
その才能を発揮したノンフィクション短編作品「あやとり」では心斎橋大学最優秀賞を受賞。
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/shuryo/shuryo.html#2008-2

モデル

京都 呉服屋 善 HPモデル他
http://www.kyoto-zen.com/

ブログ

黒猫日記 -PartⅡ-
https://ameblo.jp/kuronekopart2/

★ライブ&メディア出演★

「カミとボウズの悪巧み 大阪編」

★とき★7月13日(土)
開場:17時30分/開演:18時 

★ところ★PARIS MIKIアメリカ村店 2Fイベントスペース
(大阪市中央区西心斎橋2丁目10-30 蔵人西心斎橋ビル)

★料金★前売3,000円/当日3,500円(いずれも1ドリンク込)

★ご予約★https://tiget.net/events/60714

_____________________

「カミとボウズの悪巧み 奈良編」

★とき★7月14日(日)
開場:14時30分/開演:15時

★ところ★旅館 松前 宿の広間(奈良市東寺林町28-1)

★料金★前売3,000円/当日3,500円
※奈良公演はドリンクの提供がありません。

★ご予約★https://tiget.net/events/60690


両公演に関するお問い合わせは
godeonrecords@doves.co.jpまで

66909499_1502659936535893_4138816561588731904_n.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スキャットロウ令和改元記念興行
『祇園銀翼大宴弐〜祇園だ!祭だ!よーい宵々!』

★とき★令和元年7月15日(月・祝)
開場 17時30分/開演 18時

★ところ★祇園シルバーウィングス
京都市東山区東大路通新橋上ル西側梅本町270 プレステージ祇園1F

access▸京阪[四条駅]より徒歩10分/京都地下鉄[東山駅]より徒歩10分/阪急[河原町駅]より徒歩15分

★ご観覧料★3,000円(ご入場時お飲み物代別途必要)

♬コンチキチン♬の音色とともにScatRawによるScatRawフリークのための祭典!
今年も催行決定!1 部演劇・2部ライヴの”新歌舞伎座方式”!

●ご予約:
[祇園シルバーウィングス店頭ご予約]
☏075-204-9966
[予約サイト[TIGET(チゲット)]内特設ページ]
https://tiget.net/events/60047

●お問い合わせ:
祇園シルバーウィングス☏075-204-9966
またはゴデオンレコードgodeonrecords@doves.co.jp


64915706_2253840484705962_5442561898698506240_n.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『食と音楽の幸せな関係 〜 DIALOGO 編〜』

★とき★7月18日(木)
19:30頃〜21:30頃の間にミニライブを予定

★ところ★DIALOGOKichen&Cafe
豊中市本町1丁目11-48 豊中建物ビル1F
アクセス:阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩2分

●お問い合せ:godeonrecords@doves.co.jp
または、DIALOGO Kichen&Cafe☏06-6853-0039
営業時間:毎週火~日曜日(月曜定休) 11時~23時

★料金★ぜひお店のお食事をおたのしみください。
ミニライブについてはノーチャージ(お気持ち制)

☆スペシャル特典:
当日オフィシャルfacebook、twitter等のSNSで発表する合言葉をお伝えいただくと
②杯目のドリンク(生ビール・ワイン・ソフトドリンクなど)1杯プレゼント!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『能勢妙見山 山の日フェスタ』

★とき★8月11日(日・祝)

『ゆったりと過ごす大人の夏休み』をコンセプトに、大阪のてっぺん
能勢妙見山の美しい自然の中で繰り広げられる「山の日フェスタで、
バンドスタイルでのライブと、一万年続く天然記念物のブナ林の中で
完全アンプラグドライブを開催予定。11:00~15:00 ※ライブの時間は未定


66098046_2285009661589044_5781449657464913920_n.jpg66267647_2285009678255709_4062747360722157568_n.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『和泉屋旅館夏の特別コンサート2019「真夏の午後の夢」』

京都の老舗旅館で定期的に開催される
特別コンサートの記念すべき第20回目に
パーカッショニスト スティーブ・エトウ氏と供に
声とリズムが織りなす真夏の午後のひととき。

★とき★8月25日(日)

★ところ★和泉屋旅館
(京都市下京区西中筋通り正面下ル丸屋町122)

★料金★
・食事とコンサート 10,000円※お食事は12時より
・コンサートのみ前売予約3,000円、当日3,500円
※コンサートは13時45分開場/14時開演

〇ご予約:☏075-361-0811(担当木村)
またはinfo@izumiya-ryokan.co.jp

〇特設サイト:https://izumiya-ryokan-music.wixsite.com/summerconcert-2019

64501069_2286070154816328_2135826436743757824_n.jpg66205608_2286070174816326_7306257914782547968_n.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


『古川真穂 弾き語りLive @blue dot cafe(京都・桂)』

★8月31日( 土)

※詳細近日発表!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ScatRaw ワンマンライヴ@茨木 JACK LION』

★とき★9月8日(日)

愛する大阪・茨木で遂に!! ScatRaw のワンマンライヴ開催が決定!! ※詳細 COMING SOON!!

otoiawase_bottan.pngotoiawase_bottan.png

facebook_botan1.pngfacebook_botan1.png